/

中経連と三重県、事業連携で意見交換

中部経済連合会と三重県は5日、津市内で2019年度の懇談会を開き、防災・減災対策や中小企業の事業承継、IT(情報技術)の人材育成など幅広い分野の連携に向けて意見交換した。

冒頭のあいさつで中経連の豊田鐵郎会長は、中部国際空港(愛知県常滑市)の2本目の滑走路実現に言及。「27年のリニア開業に間に合わせるには、ここ1~2年が勝負」と述べ、三重や愛知、岐阜県との連携の必要性を改めて強調した。

三重県の鈴木英敬知事は産業連携の柱の1つとして、中経連と名古屋市が今夏に共同で開設したイノベーション拠点を活用する意向を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン