/

令和元年貨幣セット販売 造幣局「関心高く数量増」

独立行政法人造幣局(大阪市)は5日、「令和元年」と刻まれた1円から500円までの硬貨6種類を集めた貨幣セットを販売すると発表した。6~30日にはがきか造幣局オンラインショップで購入申し込みを受け付け、10月ごろから発送を開始する。担当者は「改元に伴うもので関心が高く、数量を増やして対応している」と話す。

「令和元年」と刻まれた硬貨の「プルーフ貨幣セット」(造幣局提供)=共同

表面に光沢を持たせた「プルーフ貨幣セット」(年銘板付き7857円、年銘板なし7700円)と、通常の硬貨を用いた「ミントセット」(2037円)を販売する。プルーフ貨幣セットは1人1セットまでで、計3万5千セットを販売予定。申し込みが多数の場合は抽選を行う。

造幣局は7月、令和元年と刻印された500円と100円硬貨の製造を始めた。その他の硬貨も今月から順次製造し、10月ごろに全種類が出そろうとみられる。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン