/

参院議長、所信表明演説など衆参一本化を提案

参院の山東昭子議長が首相の施政方針演説など衆参両院で実施する演説を衆参のどちらか1回にできないか提案したことが分かった。5日の参院議院運営委員会理事会で末松信介委員長が山東氏から各会派に提案があったと報告した。秋に召集予定の臨時国会に向けて協議する。

山東氏が提案したのは首相の施政方針演説と所信表明演説のほか、外相、財務相、経済財政相が衆参の本会議で実施する演説の一本化だ。いずれも衆参で同じ内容の演説をした上で各党が代表質問するのが慣例だ。

衆院か参院のどちらかに絞ることで演説の時間と閣僚の手間を省く狙いがある。これまで国会改革の一環で与野党の一部からも同様の声があがっていた。

山東氏は本会議や委員会に議員がパソコンを持ち込めるようにすることなども提案した。今後、議運委庶務小委員会で各会派が協議する。衆院との調整も必要になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン