帯広信金、全店舗の2割で「昼休み」 11月から実施

2019/8/5 17:03
保存
共有
印刷
その他

帯広信用金庫は5日、全店舗の約2割に相当する6支店で11月5日から昼の窓口業務を休止すると発表した。休業時間は平日の午前11時半~午後0時半だが、店舗内のATMは営業を続ける。従業員の働き方改革の一環で、全国的に銀行や信金・信組の間で「昼休み」の導入が広がっているが、帯広信金では初めて。6店舗の状況を見極め、他店への展開も検討する。

対象となるのは御影、大正、豊頃、北、緑西、春駒通の6支店。昼間の来店客数が他店舗より比較的少なく、窓口を閉めても業務への影響は小さいと判断した。現在は職員が交代で昼休みをとっているが、実施後は全員が休みをとるやり方に変える。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]