国産ウイスキー増産へ貯蔵庫、サントリーが60億円投資

サービス・食品
2019/8/5 16:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サントリーホールディングスは国産ウイスキーの増産に向けて原酒を熟成する貯蔵庫を増設する。約60億円を投じ2021年に近江エージングセラー(滋賀県東近江市)の敷地内に新たに1棟を建設する。ウイスキーを炭酸水で割るハイボール需要の拡大や、国際的な評価の高まりを受け、国産ウイスキーの出荷量は12年から7年連続で増えた。貯蔵庫や蒸留(じょうりゅう)器の増設で品薄感の解消を目指す。

滋賀の新棟の収容能力は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]