/

この記事は会員限定です

滝・温泉・地獄蒸し…ぐるり九州、アジアのハートつかむ

チャートは語る・インバウンド(九州・沖縄編)

[有料会員限定]

アジアに近い九州・沖縄は年間500万人以上のインバウンド(訪日外国人)が訪れ、9割以上が中国や韓国などアジアからの入国者だ。九州の温泉地や沖縄のアクティビティーなどがアジアの観光客を呼び込んでいる。

NTTドコモ子会社やジェーシービー(JCB)の集計した訪日客のデータから、日本経済新聞が九州・沖縄地区のインバウンドの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2578文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

チャートは語る

日本経済新聞社はデータ分析を強化します。「チャートは語る」では様々なデータの分析で経済や市場、企業などの潮流を浮き彫りにします。

関連企業・業界

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン