[FT]富を蓄積する時代は終わった

米大統領選
FT
2019/8/5 17:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国は40年ほど前、先進国で歴史的な経済のパラダイムシフトを先導した。サプライ(供給)サイド理論に基づく経済改革だ。

株式などへの譲渡益に対する「キャピタルゲイン課税」の税率が下げられ、レーガン米大統領やサッチャー英首相は、航空管制官や鉱山労働者と対決した。結果として、組合は弱体化し、企業の力が強くなった。一部の人間が大金持ちになったが、格差は拡大し、経済全体の成長トレンドは減速した。

■蓄積から

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]