/

この記事は会員限定です

「昭和型経営」から脱却を 福田稔氏

独ローランド・ベルガー パートナー

[有料会員限定]

多くの日本企業が、グローバル化やデジタル化に後れを取っているにもかかわらず、改革が遅々として進まない事例が目立つ。背景には平成の30年余りを経ても残る「昭和型経営」の影響がある。

昭和型経営の特徴は経営と執行が分離されずに一体運営されていることだ。本来モニタリングが役割の取締役が執行役も兼ね、外からの圧力がかかりづらく、是々非々での改革が進みにくい。資本主義経済のコーポレートガバナンスとしてはおか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン