「昭和型経営」から脱却を 福田稔氏
独ローランド・ベルガー パートナー

私見卓見
2019/8/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多くの日本企業が、グローバル化やデジタル化に後れを取っているにもかかわらず、改革が遅々として進まない事例が目立つ。背景には平成の30年余りを経ても残る「昭和型経営」の影響がある。

昭和型経営の特徴は経営と執行が分離されずに一体運営されていることだ。本来モニタリングが役割の取締役が執行役も兼ね、外からの圧力がかかりづらく、是々非々での改革が進みにくい。資本主義経済のコーポレートガバナンスとしてはお…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]