アサヒ食品、バラの香り広がるタブレット

2019/8/5 15:50
保存
共有
印刷
その他

アサヒグループ食品は食べると口の中にバラの香りが広がるタブレット菓子「食べるフレグランス」を10月7日に発売する。バラの花びらを使用したパウダーで広がる香りを再現した。バラ由来のポリフェノールを配合。フランボワーズ風味のキャンディチップも入っており、粒の食感も楽しめるという。間食用のほか、口臭ケアとしての利用も想定する。20代から40代の女性の需要を見込む。

アサヒグループ食品が10月7日に発売するタブレット菓子「食べるフレグランス」

小袋入り菓子の市場は年々拡大しており、なかでも小袋入りタブレットの製品は2018年の市場規模は前年比5割増と急成長している。同社はタブレット菓子の需要拡大を受け商品を開発した。パッケージはターゲットの女性層を意識してピンク色を基調にした。参考価格は税別120円。内容量は30グラム。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]