/

がん患者情報3000件漏洩 横浜市立大病院、誤送信

横浜市立大病院は5日、泌尿器科の40代の男性医師がぼうこうがんの患者の生年月日や名前、症状などの個人情報約3400件分を、宛先不明のメールアドレスに誤って送信し、漏洩させたと発表した。

市立大病院によると、医師は7月24日、ぼうこうがんの臨床研究に協力している他の医師22人に、情報の書かれたエクセルファイルを送る際、メールアドレスを間違え、使用者不明のフリーメールアドレス2件に送信した。

翌25日に他の医師に送信状況を電話で確認し、間違いが発覚。削除を依頼したが返信がないという。

ファイルには、市立大病院も含む神奈川県内の20病院から得たぼうこうがんの患者の名前や症状のほか、既往歴や喫煙の有無などの記載があった。

臨床研究の計画では、ファイルは個人名を書かずに匿名の状態で管理することや、やりとりはUSBなどを使うように定めていたが、守られていなかった。

相原道子院長は「計画を順守せず、多くの患者情報を漏洩してしまい、責任を重く感じている」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン