書斎のゴルフ

フォローする

悩み簡単解決 振るだけで寄るアプローチ術(下)

(1/2ページ)
2019/8/29 5:30
保存
共有
印刷
その他
 米南フロリダ大学で特待生としてゴルフ部で活躍、日本に帰国後、インストラクターを生業とし、TVなどメディアに登場。現在は独自の理論を構築し、銀座ゴルフアカデミーの主幹として生徒をシングルハンディに導いている。そんな吉本巧プロがアプローチに悩む読者のために、振るだけでうまく打てる方法を伝授してくれた。誰もが簡単にできるナイスアプローチ術だ。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.43」から)
番外編 「ゴールドエイト」「クリクリロブショット」「赤道ショット」

吉本 これから先は番外編として役に立つアプローチを3つ、紹介します。最初は私が「ゴールドエイト」「ゴールドナイン」と呼んでいるグリーン周りからのアプローチです。使うクラブは8番と9番アイアンで、ミスがまったく出ないというのが特徴です。

──それはすごくよいですね。

吉本 アドレスのポイントです。(1)ヘッドのヒールを浮かしてトウ側でボールに構えます。結果としてボール近くに構えることになります。(2)パターと同じグリップ、アドレスで構えます。つまり、両肘が曲がっても構いません。

──クラブをつり気味にして構えるのですね。

吉本 そうです。次に打ち方です。(1)現在のパターと同じフォームで打ちます。下半身と首の付け根を固定します。腕だけで打つイメージです。結果的にヘッドの芯を外して打つことになります。

──「8コロ」「9コロ」ですね。さすが、アメリカでゴルフをしてきた吉本プロだけにそうは言いません。「ゴールドエイト」「ゴールドナイン」と呼ぶほうが格好いい。おじさんゴルフのイメージが払拭されます。

8番アイアンの転がし、「ゴールドエイト」はパターのように打てばよい、やさしいアプローチ

8番アイアンの転がし、「ゴールドエイト」はパターのように打てばよい、やさしいアプローチ

吉本 そうですか? では、打ってみましょう。

──3球すべてピンに寄ってOKです。

吉本 パターの延長のイメージなので打ちやすく、距離も合わせやすいのです。また、芯を外すので、ほどよく勢いがなくなり、強く打ち過ぎることがなく、グリーン周りからの距離が合わせやすいです。さらに打ち出し時に少しボールが浮くので、パターで打つよりもカラーやフェアウエーの芝に影響されません。

──私もやってみましたが、実にうまく転がせます。ヒールを浮かすので、トップ目に打つことになり、ザックリがまったくありません。トップ目でも芯で打たないので飛び過ぎない。安心できるアプローチです。アマチュアにはとってもいいですね。

吉本 次は番外編2つめの「クリクリロブショット」です。バンカー越えや池越えなど高い球が必要なときのショットです。使うクラブは54~60度のサンドウエッジ(SW)か、さらにロフトのあるロブウエッジです。

──なぜ、「クリクリ」なのですか?

吉本 それは打つ前にウエッジのグリップの先端を回して最も落ち着く開き具合を見つけるからです。人さし指と親指でグリップエンドをつまむように持ち、地面につけたヘッドをクリクリと回すと、一番落ち着くフェースの向きがあることがわかります。つまりそこが、そのウエッジの自然なフェース面の開き具合なのです。一緒にやってみましょう。

──クリクリと回していくうちに、開きがピタッと落ち着く角度がありますね。

吉本 それがそのウエッジ自体の自然な開きなので、それに合わせてアドレスすれば、自然とうまく打ててしまうというわけです。

──クラブ自体が開きたい角度というわけですね。

吉本 そうです。ですから、(1)クリクリとヘッドを回して。(2)その開きの角度でグリップして、そのまま少しオープンスタンスに構えます。フェース面はピンよりも右、スタンス向きはピンよりも左にします。(3)そのとき、ボールは体の正面です。腰は自然と低くなると思います。

──かなりのオープンフェースであり、少しといっても結構なオープンスタンスになりますね。シャフトが寝るので腰も低くなるのですね。

吉本 そうです。こうして構えができたら、打ち方です。(1)スタンス方向にスイングします。(2)スイング中はフェース面を開いた状態で維持します。(3)ボールの下をくぐらせるイメージで打ちます。(4)ダウンスイングでは適度に加速させます。(5)打った後もフェース面は閉じません。(6)スイング中は下半身を固定させて腰の高さを変えないようにします。

──スタンス向きということはアウトサイドインに振るわけですね、フェース面を閉じないということはリストターンをしないのですね。

「クリクリロブショット」はSWのグリップエンドを指でつまんでクリクリと回し、フェースが定まったところでアドレスし、フルスイングする

「クリクリロブショット」はSWのグリップエンドを指でつまんでクリクリと回し、フェースが定まったところでアドレスし、フルスイングする

吉本 その通りです。では打ってみます。

──ボールはかなり高く上がり、スピンがかかっているので落ちてからしっかりと止まりますね。ピンに直接落としていける感じで、3球すべて1メートル以内に寄りました。すごいです。

吉本 この「クリクリロブショット」なら、ラフからでもスピンがかかります。でもベアグラウンドではソールのバンスでヘッドがはじかれてしまうので、クリーンヒットできないため、この打法は使えません。では、やってみてもらえますか?

──はい。……やってみたら、驚いたことにロブショットがうまく打ててしまいました。最初はそんなロブなど打てないと思っていたのですが、クリクリを行って、自分のサンドウエッジが持つ自然な開きになっているからでしょうか。簡単に振り抜けて、高い球が打てる。ピンの右2メートルでしたが、スタンス向きを調節したら、ピン方向に飛んで1パット圏内です。

吉本 素晴らしいロブショットです。これならバンカー越えにピンが立っていても寄せられますね。

──はい。ありがとうございます。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
「ポトンショット」でバンカーショットをするとき、できればフィニッシュでお辞儀をする「お辞儀スイング」をしてほしい。起き上がりを防いでさらにうまく打てる

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/16)

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/12)

バンカーはティーアップしたティーを打つ「ポトンショット」とフィニッシュでお辞儀をする「お辞儀スイング」で脱出できる

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]