/

この記事は会員限定です

透ける持ち合い解消の本気度(一目均衡)

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

7月、18年ぶりに日本で開催した国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)の年次総会。前経済同友会代表幹事の小林喜光氏が皮肉たっぷりに切り出した。「経団連が5~6年前まであれほど反対していたのに今では90%以上が2人以上の社外取締役を導入した。日本はベクトルができると一気に走るが形だけ。みなつけている丸いSDGs(持続的な開発目標)のバッジと同じだ」

ひとまず形から入った企業統治改革に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン