見えぬメルケル後(ルポ迫真)
EU新体制はどこへ(3)

2019/8/15 23:00
保存
共有
印刷
その他

「ドイツ待ちだ」。欧州トップ人事を決めた7月2日の欧州連合(EU)首脳会議の最終盤、各国首脳らは思いがけず待ちぼうけを食わされた。議長役のEU大統領、ドナルド・トゥスク(62)が「もうすぐ決まる」とツイッターでつぶやいたが、徹夜を挟んで3日間続いたマラソン協議はそれから1時間近くたっても終わらない。決断できずにいたのが、独首相のアンゲラ・メルケル(65)だった。

【前回記事】EU改革 にじむ仏大統…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]