/

この記事は会員限定です

供託金は不当な立候補制限か

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

日本では選挙に出馬する際、供託金を納めることを求められます。衆院選の選挙区に立候補するには300万円、比例代表にも重複立候補する場合、さらに300万円が必要です。これは立候補の自由への不当な制限なのでしょうか。

前回の本欄で「現憲法は被選挙権に言及していないが、最高裁が1968年に憲法上の権利として認めた」と紹介しました。憲法で認められた基本的人権は相当に重いはずです。

東京地裁が「違憲ではない」

今年5月、東京地裁がこの件に関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン