スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

「令和のシンデレラ」渋野、復元力で歴史塗り替える

2019/8/5 12:21
保存
共有
印刷
その他

ゴルフのAIG全英女子オープンの最終ラウンド、プレー中にお菓子を食べる渋野日向子=共同

ゴルフのAIG全英女子オープンの最終ラウンド、プレー中にお菓子を食べる渋野日向子=共同

42年の長い歳月も、世界の壁も、ヒョイと飛び越えた。昨夏のプロテストに合格したばかりの20歳のルーキー、渋野日向子(しぶの・ひなこ)が全英女子オープンで優勝。18番で5メートルのバーディーパットを沈め偉業を達成すると、左手でパターを掲げ、はじける笑顔でギャラリーの大歓声に応えた。現地でついた愛称が「スマイル・シンデレラ」。令和のシンデレラは、ラウンド中に日本の駄菓子をつまみながら、大舞台で華麗に舞った。

【関連記事】
スマイルシンデレラ渋野、「鳥肌立ちすぎ」と優勝語る
食べていた駄菓子増産へ よっちゃん食品工業

1977年全米女子プロで樋口久子がメジャー初制覇して以後、名だたる選手がメジャーに挑み、敗れてきた。87年米ツアー賞金女王の岡本綾子は、82~2000年の19年間でメジャー4大会に52回出場。何度も優勝争いしながら2位6回、3位4回とビッグタイトルに手が届かなかった。87年全米女子オープンは、1メートルのバーディーパットがスパイク跡で跳ね、揚げ句にボギー、3人によるプレーオフで涙をのんだ。91年全米女子プロでは「よっしゃ」とカップインを確信した18番のバーディーパットが思わぬ切れ方をして1打差で敗退。クラブハウスを出た後に車でUターン、同じ距離、ラインで再度パットし、自らの読みが間違っていないのを確かめた。「一生懸命頑張ってきたのに何で? 私はメジャーに縁がなかったんだと思った」と述懐する。「しょうがないね」という日本語は、米ツアー仲間にも知れ渡った。

08年の全英では6年連続賞金女王の不動裕理が、渋野と同じように最終日を単独首位発進、3位にとどまった。元世界ランク1位で、米ツアー9勝の宮里藍プロは3位(3回)が最高だった。

渋野はメジャーはもちろん、海外試合も初めて。アマチュア時代に目立った実績はない。5月の国内メジャー、ワールド・サロンパス杯で初優勝するまでは、ほぼ無名の存在だった。ところが7月に2勝目を挙げ、思いがけず手にした全英切符で頂点にまで上り詰めるとは。しかも3番で4パットのダブルボギーとつまずきながら、68をマークした復元力には驚くほかない。

ハーフ終了時点で3位に後退したが、10番のバーディーで気持ちを切り替え後半5バーディー。インコースでは4日間ボギーがなく、初日と3日目に30、最終日も31をマークした。首位と2打差で迎えた短いパー4の12番(303ヤード)では右の池を恐れずドライバーを握り1オン、バーディーを奪った。高校時代から渋野と戦い、親しい大里桃子は「思い切りがよく、怖さを感じないタイプ」と評する。小学生のころはソフトボール選手。強い足腰を生かしたショットは飛距離も出るし、何よりもパットのさえが光る。

日本ゴルフ協会のナショナルチームに入ったこともない。海外を特段意識せず、気負わずに大会に臨んだ。今回の全英は林間コースで、リンクス特有の風景や天候に惑わされることもなかった。青木翔コーチがキャディーを務め、"普段着"でプレーできたのも勝因の一つだろう。

1998年生まれの「黄金世代」。14年に高1の勝みなみがツアー優勝、16年日本女子オープンでは畑岡奈紗がアマとして初めて国内メジャー制覇し米ツアーで3勝。昨年の全米女子プロではプレーオフに進み、栄冠にあと一歩と迫った。黄金世代からはすでに8人のツアー優勝者が出ている。「渋野ができるなら私も」。こう思う同世代はいるはず。黄金世代の奔流が、女子ゴルフの歴史を一気に塗り替えていく。(吉良幸雄)

▼渋野 日向子(しぶの・ひなこ)両親は陸上の投てき選手。8歳でゴルフを始めた。ソフトボールにも没頭し、中学2年まで軟式野球部に所属。その後はゴルフに専念し岡山・作陽高で全国高校選手権団体優勝。18年夏にプロテストに合格し、今年5月のワールド・サロンパス・カップで初優勝。7月に2勝目を挙げた。165センチ、62キロ。20歳。岡山県出身。〔共同〕
【関連記事】
渋野が全英女子ゴルフ優勝 日本勢42年ぶりメジャー制覇
渋野、追い込まれた12番で勝負 強気ショットで巻き返し
20歳渋野メジャーV 日本の「黄金世代」世界のみ込む
「何で私が優勝」 屈託ない笑顔の渋野
渋野のメジャー制覇、樋口さん・宮里さんが祝福
保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

鈴木愛=共同

 女子ゴルフツアーで通算16勝の鈴木愛(25)は19日、来季の米ツアーに参戦せず国内を主戦場とすると、関係者を通じて明らかにした。10日に日米両ツアーを兼ねたTOTOジャパンクラシックで優勝。出場資格 …続き (10:39)

 米男子ゴルフのマヤコバ・クラシックは18日、メキシコのプラヤデルカルメンにあるカマレオンGC(パー71)で、前日に日没サスペンデッドとなった最終ラウンドの残りが行われ、通算3オーバー、287でプレー …続き (8:02)

 女子ゴルフの18日付世界ランキングが発表され、畑岡奈紗は4位、渋野日向子は15位で変わらなかった。伊藤園レディースを制してツアー史上2人目の3週連続優勝を果たした鈴木愛は17位に二つ順位を上げた。
  …続き (8:01)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]