2019年9月20日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

人民元、危機ライン突破 株2万円も

2019/8/5 13:02
保存
共有
印刷
その他

週明け、NYのヘッジファンドから、入れ替わり立ち替わりメールや電話でチェックが入ってくる。対ドル、人民元レートが危機ラインとされる1ドル=7元の大台を突破(人民元安)ことで、危機感を強めている。

安全資産とされる円と金を買う動きも目立つ。金は直近のレンジである1トロイオンス1400~1450ドルの上限を試す段階に入っている。今日のNY株式もダウ平均は200ドル前後の下落で寄り付きそうだ。

日経平均2万の大台攻防も視野に入るが、ヘッジファンドの間では、2万円以下なら買い下がるとの姿勢も目に付く。

人民元急落の背景には、相次ぐ購買担当者景気指数(PMI)悪化が見逃せない。本日5日発表の7月財新中国非製造業PMIが、前月比0.4ポイント下落して51.6という5か月ぶりの低水準となった。7月31日には、中国国家統計局発表の7月製造業PMIが49.7と、3か月連続で景況拡大と悪化の境とされる50を割り込んだばかりだ。

これらは、トランプ対中追加関税10%電撃発表前の数字であり、更なる悪化が市場では見込まれている。市場は、追加関税の影響を折り込み始めた様相だ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。