2019年9月18日(水)

ヤフー「ECで2ケタ成長へ」 PayPayは950万人突破

BP速報
2019/8/5 14:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ヤフーは8月2日、2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高に当たる売上収益が前年同期比2.9%増の2386億3400万円、営業利益が同24.0%減の361億6400万円だった。減価償却費や販売促進費、人件費などが増加したほか、18年4~6月期にIDCフロンティアの売却益を計上した反動減で営業減益になった。

インターネット配信でアナリスト向け決算説明会に臨んだ坂上亮介常務執行役員最高財務責任者(CFO)は、ヤフーを再び成長路線に乗せるための新規事業戦略を中心に説明した。スマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が19年8月時点で950万ユーザーを突破したと公表。今後投入するPayPay関連サービスなどをテコに、19年4~6月期に8.8%増だった電子商取引(EC)関連の取扱高の伸びを2ケタ増に乗せ、特に物販などショッピング事業は20%の成長を目指すとした。

EC事業の成長エンジンに位置付けるのが、19年秋に投入する通販サービス「PayPayモール」やフリーマーケットアプリ「PayPayフリマ」である。坂上CFOはPayPayモールについて、基準を満たした出店者から成る「プレミアムなショッピングモール」にすると説明。950万人のPayPayユーザーに訴求することで、事業の立ち上げに自信を見せた。ほかにもPayPayを活用したオフライン広告商品や、ネットからリアル店舗への集客支援サービスなどを新たに投入し、PayPayを広告・マーケティング事業の拡大にも生かす考えだ。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 玄忠雄)

[日経 xTECH 2019年8月2日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。