2019年9月20日(金)

富士通、設備や事務用品の調達代行 成功報酬型でコスト3割減

2019/8/5 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は生産設備や事務用品など間接材の調達コスト削減の支援事業に参入する。支出の分析や仕入れ先の見直し、調達金額の交渉などを成功報酬型で請け負う。間接材は調達費用の2~3割を占めるとされ、削減できれば収支改善に直結する。多くの競合がひしめくなか、富士通はITシステムと連動させた手法を提案することで、顧客を開拓する考えだ。

支援事業を展開するため、コンサルタントなどの人材を40人そろえた。顧客企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。