NEC発の創薬企業、がんワクチンを治験 AI解析を応用

2019/8/9 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NECが設立した創薬スタートアップのサイトリミック(東京・品川)は、がん細胞の目印となるペプチドを注射する「がんワクチン」の臨床試験(治験)を9月に始める。NECの人工知能(AI)を使い、体の免疫細胞の働きを高めるペプチドを選ぶ。2023年までに一般の患者に投与できるようにしたい考え。実現すればがん患者にとっての選択肢が広がりそうだ。

サイトリミックから研究を受託する千葉大学の教授が主導して新型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]