/

この記事は会員限定です

NEC発の創薬企業、がんワクチンを治験 AI解析を応用

[有料会員限定]

NECが設立した創薬スタートアップのサイトリミック(東京・品川)は、がん細胞の目印となるペプチドを注射する「がんワクチン」の臨床試験(治験)を9月に始める。NECの人工知能(AI)を使い、体の免疫細胞の働きを高めるペプチドを選ぶ。2023年までに一般の患者に投与できるようにしたい考え。実現すればがん患者にとっての選択肢が広がりそうだ。

サイトリミックから研究を受託する千葉大学の教授が主導して新型ワクチン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン