/

「何で私が優勝」 屈託ない笑顔の渋野

ゴルフのAIG全英女子オープンで優勝し、記者会見する渋野日向子(4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC)=共同

快挙を果たした渋野日向子は屈託のない笑みを交えて語った。

――メジャー優勝は日本勢42年ぶり。

「言葉にできないくらいうれしいのと、おなかがすいたのと、吐き気がします。すごいことをしてしまったんだなとは思うがまだ実感はない。何で私が優勝しちゃったんだろうとは思っている」

――緊張しないのか。

「前半は少し緊張していたけど、後半はあまり緊張しなくて。いいプレーができるか、というのを考えていたら、だんだん緊張しなくなった」

――ウイニングパットについて。

「決めれば優勝するのは分かっていたので、どういうガッツポーズをしようかなと考えていた。打った瞬間は少し強いかと思った」

――米ツアーの出場資格を得た。

「今はまだ日本のツアーで戦いたいな。もし海外で戦いたいと思うようになったらまた来たい」

――優勝賞金でどう祝うか。

「とりあえず死ぬまで食べられるお菓子を買いたい。お菓子をいっぱい食べます」

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン