/

渋野が全英女子ゴルフ優勝 日本勢42年ぶりメジャー制覇

(更新)
全英女子ゴルフで優勝した渋野=ロイター

【ミルトンキーンズ(英国)=共同】女子ゴルフのメジャー最終戦、AIG全英女子オープンは4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出た20歳の渋野日向子が7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、通算18アンダーの270で初出場優勝を果たした。

日本勢のメジャー勝利は1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来で42年ぶり2人目。賞金67万5千ドル(約7200万円)と米女子ツアーの出場資格を獲得した。日本女子の米ツアー勝利は今年3月の畑岡奈紗以来で、11人目。

前半に一つスコアを落とした渋野は後半の5バーディーで再逆転。先に65をマークしたリゼット・サラス(米国)と並んでいた最終18番でバーディーを奪い、1打差で競り勝った。前週のメジャー、エビアン選手権を制した高真栄(韓国)が3位だった。

上原彩子は68と伸ばして通算6アンダーの21位。73の横峯さくらは5アンダーで24位、71の勝みなみが3アンダーで35位、72の上田桃子はイーブンパーで51位。アマチュアで18歳の安田祐香は77と崩れ、2オーバーの59位だった。

渋野 日向子(しぶの・ひなこ)両親は陸上の投てき選手。8歳でゴルフを始めた。ソフトボールにも没頭し、中学2年まで軟式野球部に所属。その後はゴルフに専念し岡山・作陽高で全国高校選手権団体優勝。18年夏にプロテストに合格し、今年5月のワールド・サロンパス・カップで初優勝。7月に2勝目を挙げた。165センチ、62キロ。20歳。岡山県出身。

〔共同〕

全英女子ゴルフで優勝し、トロフィーを掲げる渋野=ロイター
18番でバーディーを決め笑顔を見せる渋野=ロイター
最終ラウンドでショットを放つ渋野=ロイター

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン