退場セブンペイ 焦りと重圧が判断ミス招く(ルポ迫真)
退場セブンペイ(1)

2019/8/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「利用監視で怪しい取引から守れると思った。当時の判断は適当ではなかった」。スマートフォン決済サービス「セブンペイ」の終了を発表したセブン&アイ・ホールディングス(HD)の1日の記者会見。運営子会社のセブン・ペイ取締役の奥田裕康(43)はセキュリティー対策の甘さを問われ、こう答えた。

同サービスは7月1日の開始後すぐに不正利用が発覚した。わずか1カ月で退場の決断を迫られたが、つまずきの要因は2018年12月にあった。

【次回記事】「うち以外淘汰される」 自信のセブン暗転

セブンペイは18年2月の開発当初、単独のスマホアプリを予定していた。だが、18年12月、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]