/

この記事は会員限定です

日韓対立、14年ぶりによみがえった「外交戦争」

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

「重大な挑戦だ」「2度と日本に負けない」「政府が先頭に立つ」――。韓国向け輸出管理を厳格化した日本政府への対決色を鮮明にした文在寅(ムン・ジェイン)大統領。政府や国民に結束を呼びかける数々の言葉に既視感を覚えた。

韓国に駐在していた2005年3月、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が国民向け談話を発表した。小泉純一郎首相の靖国神社参拝や竹島(韓国名・独島)の領有権問題をめぐり日本政府への不満を爆発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン