/

この記事は会員限定です

農水省、植物工場に規格新設 高品質の栽培後押し

[有料会員限定]

農林水産省は人工光でレタスなどを育てる植物工場で日本農林規格(JAS)を新設する。衛生管理が徹底しており、コンビニエンスストアや食品加工メーカーの高い品質基準に対応できる管理能力がある工場にお墨付きを出す。JASを取得した事業者は高い品質の野菜栽培ができるとして、会社の営業資料に活用してもらう。

全国には200程度の植物工場があるが、認証の対象になるような高い水準の拠点は1~2割程度という。植物工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン