/

エボラ感染疑いで検査、結果は陰性 埼玉の女性

(更新)

厚生労働省は4日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)に滞在歴のある埼玉県の70代女性が帰国後に発熱し、エボラ出血熱の疑いがあるとして、検査した結果、陰性だったと発表した。

女性は仕事のため、エボラ出血熱の感染が拡大しているコンゴ民主共和国に半年以上にわたって滞在。女性は「エボラ患者との接触はない」と話していた。7月31日に成田国際空港に到着した時に異状はなかったが、8月3日に38.2~39.2度の発熱があった。女性は4日未明から、東京都内の病院に隔離入院となった。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

世界保健機関(WHO)は7月17日、アフリカでの流行を受け、緊急事態を宣言した。エボラウイルスは血液や排せつ物などを通して感染し、空気感染はしない。患者は発熱や頭痛、下痢、吐血などの症状が出る。

エボラ出血熱の疑いがあると発表した厚労省

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン