/

米で銃乱射事件相次ぐ テキサスとオハイオで29人死亡

(更新)

【ニューヨーク=高橋そら】米南部テキサス州でメキシコとの国境近くにあるエルパソの大型商業施設で3日、白人の男による銃乱射事件が起きた。同州のアボット知事や地元警察によると20人が死亡し、26人が負傷した。4日未明には中西部オハイオ州デイトンでも銃撃事件があり、容疑者のほかに少なくとも9人が死亡、26人が負傷した。いずれも日本人が事件に巻き込まれたとの情報は確認されていない。

警察によるとエルパソの事件で拘束されたのはテキサス州に住むパトリック・クルシウス容疑者(21)。同容疑者がインターネット上に投稿したとみられる文書には移民に反対する内容が盛り込まれていた。

被害者にはメキシコ人も含まれており、警察は移民問題に絡む憎悪犯罪(ヘイトクライム)の可能性があるとみて捜査している。デイトンの事件の容疑者は単独犯とみられ、犯行現場での警官隊との撃ち合いで射殺された。

トランプ米大統領はエルパソでの事件発生後「きょうの憎むべき事件を非難する。何の罪もない人たちが殺されることを正当化する理由や言い訳は存在しない」とツイッターに投稿した。

米国では銃の乱射事件が相次いでいる。7月28日には西部カリフォルニア州ギルロイのイベント会場で起きた銃撃事件で3人が死亡した。今年の銃による死亡者(自殺を除く)はすでに8千人を超えている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン