2019年9月17日(火)

個人が外貨建て資産シフト、預金7兆円超
円高で目減りリスクも

2019/8/3 22:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人が外貨建て資産を増やしている。2018年度末の家計の外貨預金は7兆円強で、6年ぶりに過去最高を更新した。資金の一部を超低金利の円資産から外国株などに振り向けており、家計の外貨建て資産は40兆円を超えている。米欧の中央銀行による金融緩和で海外との金利差が縮まれば、円高に振れやすくなる。このため円換算で目減りするリスクも抱えている。

日銀の資金循環統計によると、18年度末の家計の外貨預金は7兆2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。