/

この記事は会員限定です

倒産手続きIT化、ネットで債権届け出 20年にも

[有料会員限定]

企業の倒産手続きのIT(情報技術)化がようやく動き出す。2020年にも、破産管財人などがインターネットを通じ、国内外にいる債権者の債権の届け出を受け付けられるようにする。ネットを活用して倒産手続きのスピードと効率を上げ、債権者の保護と企業の早期再建につなげる。

弁護士や大学教授、政府の担当者らが参加する「倒産手続きのIT化研究会」(座長・杉本純子日本大学教授)が提言をまとめた。今後、必要な手続きを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン