2019年9月17日(火)

グーグル、検索エンジンを選択制に 欧州で20年から

2019/8/3 4:07
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】米グーグルは2日、欧州で扱うスマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」について、検索エンジンの選択肢を広げると発表した。2020年から、ヤフーなど他社の検索エンジンも含めた4種類から選ぶ形にする。欧州連合(EU)から2018年、独占禁止法違反にあたると指摘されたことに対応した。

グーグルは基本OSアンドロイドの検索エンジンについて、他社のものも選べるようにする=ロイター

スマホやタブレットを利用する人は初期設定でグーグル、ヤフーなど4種類から通常使う検索エンジンを選べるようになる。ただ他社はグーグルによるオークションに参加し、料金を支払う必要があるという。

アンドロイドはスマホ向けOSで9割近いシェアを持つ。EUは18年、アプリ配信サービスの「グーグルプレイ」と「グーグルクローム」などの検索エンジンを抱き合わせで搭載することを端末メーカーに義務付けたとして、グーグルに43億4千万ユーロ(約5千億円)の制裁金を科していた。EUの欧州委員会がEU競争法(独禁法)違反にあたると判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。