米鉄鋼大手3社が最終減益 4~6月 需要減響く

2019/8/3 2:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米鉄鋼大手の2019年4~6月期決算が2日までに出そろい、USスチールなど大手3社が最終減益となった。米自動車市場の減速などで国内の鉄鋼需要が低迷し、販売価格も下落した。鉄鋼への輸入関税によって国内メーカーを支えるトランプ米政権の保護政策の効果が薄れている。

USスチールは4~6月期の純利益が6800万ドル(約72億円)と前年同期から68%減少した。ケビン・ブラッドリー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]