電事連会長「廃炉作業、大手で連携」

環境エネ・素材
2019/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気事業連合会の岩根茂樹会長(関西電力社長)は2日、日本経済新聞の取材に対し、大手電力の間で廃炉作業を連携していく方針を明らかにした。廃炉に必要な技術や資材などの共有を進める。東日本大震災以降に廃炉が決まった原発は福島第2原発を含めて21基で再稼働の2倍超に上る。廃炉で膨大な作業が必要なため、大手同士で協力して円滑に進めたい考えだ。

従来、原発は関西電力など西日本に多い加圧水型軽水炉(PWR)と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]