/

この記事は会員限定です

半導体供給網に再び試練 韓国「輸出優遇」除外

材料買いだめの動き/調達先の変更示唆も

[有料会員限定]

日本政府が韓国に対する輸出管理を厳格化し、半導体業界などが築き上げてきた国際供給網が再び試練に立たされている。手続きが煩雑になるのを見越し、韓国企業では半導体材料の在庫を積み増す動きが出てきているほか、調達先の変更を示唆された日本企業もある。一方、情勢を注視する企業も多い。政治対立がどこまで経済活動に波及するかまだ見通せない。

7月初旬から輸出手続きが厳格化された半導体材料の3品目については、輸出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン