/

この記事は会員限定です

製造装置や材料、日本への依存8割超も

[有料会員限定]

半導体はスマートフォンやPCなど様々な機器に欠かせない。韓国は半導体メモリーのDRAMで世界シェア7割を占める。その製造装置や材料の多くは日本が握り、回路を基板に焼き付けるのに使うレジスト(感光材)や半導体の封止材に使うエポキシ樹脂などは、韓国は輸入の8割以上を日本に頼る。輸出管理の厳格化で供給に不確実性が高まるとの観測がくすぶる。

半導体の製造では土台となるシリコンウエハーに回路を形成する前工程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン