就活インフラにゆがみ リクナビ問題が波紋

データの世紀
2019/8/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

就活情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が、就活生の「内定辞退予測」を十分な説明なしに販売していた問題が波紋を広げている。就活サイトは日本企業の採用を支える情報インフラとして定着したが、一方で新サービスの開発を優先してきたことによるゆがみも見え始めた。就活関連情報を一手に握る「就活プラットフォーマー」となっただけに、より丁寧なデータ活用の説明が欠かせない。

柴山昌彦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]