首相「秩序あるEU離脱を」 英首相と電話

英EU離脱
2019/8/2 21:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は2日、7月下旬に就任したボリス・ジョンソン英首相と電話で話した。安倍首相は英国の欧州連合(EU)離脱について「日系企業の欧州でのビジネスが維持され、世界経済への悪影響を最小化するため、EUとの合意に基づく秩序ある離脱の実現を強く期待する」と伝えた。ジョンソン氏は「英国に投資する日系企業にも十分配慮したい」と応じた。

電話は約20分間だった。ジョンソン氏はこれまで10月末のEU離脱を掲げ、経済に混乱を及ぼす「合意なき離脱」も辞さない姿勢を示している。

両首脳は北朝鮮の完全な非核化に向けて連携すると確認した。安倍首相は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けた協力を呼びかけ、ジョンソン氏の理解を得た。ジョンソン氏は日米などが推進する「自由で開かれたインド太平洋構想」を完全に支持すると表明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]