抜かれなかった伝家の宝刀 国税vsソフトバンクG

2019/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)の2018年3月期決算で、税務上の巨額損失が発生した仕組みはグループ内での株取引だった。一連のスキームを国税当局も問題視したが、税法上の問題があるとまでは指摘できなかった。一時は"伝家の宝刀"とも言われる法人税法132条の規定「行為計算否認」の適用も検討されたようだ。SBGと国税当局には水面下で激しい駆け引きがあった。

国税当局は譲渡損が発生するスキームで使われた配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]