/

この記事は会員限定です

省エネハウスで野菜増産 鳥取のフジオファーム

[有料会員限定]

定食店「まいどおおきに食堂」などを展開するフジオフードシステムのグループ会社、フジオファーム(鳥取県北栄町)は省エネ型ハウスを増設し、野菜の増産に乗り出す。ホウレンソウやトマトを中心に増産。これまでグループの飲食店で提供してきたが、7月から東京の青果卸業者向けの販売も始めた。露地栽培でニンニクの産地化も展開するほか、障害者の雇用を増やして農福連携も進める。

増設するハウスはパナソニックグループが事業化した「パッシブハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン