タカノ、米国で産業機器の販売子会社設立

2019/8/2 20:08
保存
共有
印刷
その他

産業機器製造のタカノは全額出資子会社を米国カリフォルニア州に設立する。ATMや医療機器に使われる電磁アクチュエーターなどの機械部品を販売する。同社が米国に拠点を置くのは初めて。

米国子会社は12月に営業を始める予定。資本金は80万米ドル(約8640万円)。機械部品の販売のほかに、液晶などの画像検査装置の需要を調査する。同社の海外子会社は中国・上海、香港、台湾に続いて4社目。

同社の売上高に占める海外割合は2~3割程度。北米地域は1%に満たないため、子会社を通じて販売増を狙う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]