JR大釜駅工事で東北新幹線などダイヤ一部変更

2019/8/2 19:39
保存
共有
印刷
その他

JR東日本盛岡支社は、田沢湖線大釜駅への融雪装置設置工事に伴う線路切り替えのため、10月26日―31日の東北・秋田新幹線などのダイヤを一部変更すると発表した。「こまち」については、盛岡―秋田間で17本の列車に最大で23分の遅れが出るほか、「はやぶさ」では仙台―新青森間で13本に同4分、「やまびこ」は一ノ関―盛岡で7本に同3分の遅れがそれぞれ出る見通しとしている。

大釜駅の融雪装置設置工事は昨年5月に開始しており、駅への融雪装置の設置は、JR東日本管内では初めて。ダイヤの一部変更は、10月26日から同装置を備えた新線路への切り替えを始め、同駅で列車の行き違いができなくなるための措置という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]