総合商社の4~6月期決算、世界景気の減速響く

2019/8/2 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総合商社7社の2019年4~6月期連結決算(国際会計基準)が2日に出そろった。世界景気の減速を受けて穀物や自動車、素材ビジネスが苦戦した。7社合計の純利益は前年同期より5%減った。2日に決算発表した住友商事は連結純利益が13%減少、丸紅も25%減った。一方で国内の食品・流通が好調な伊藤忠商事は4~6月期の最高益を更新した。

4~6月期は7社のうち4社の純利益が落ち込んだ。7社合計の純利益は648…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]