2019年9月23日(月)

ケーヒン、英国子会社を解散 ホンダ工場閉鎖で

英EU離脱
2019/8/2 17:42
保存
共有
印刷
その他

ホンダ系で電子部品や空調部品を手掛けるケーヒンは2日、英国の営業子会社を2021年12月に解散すると発表した。ホンダが21年に英国スウィンドン工場を閉鎖するため、営業拠点として維持する必要がなくなった。英国は10月にも欧州連合(EU)から離脱することが見込まれる。他の完成車メーカーや部品各社も英国の事業縮小を相次いで表明している。

ケーヒンの英国子会社は01年に設立され、英北部のグラスゴー市にある。ホンダのスウィンドン工場とは車で南へ約6時間離れている。従業員は5人で、ホンダへの営業部隊として機能していた。工場は14年にすでに閉鎖している。子会社は営業拠点として残していたが、ホンダが英工場を閉鎖するため、21年12月に解散する。

英国がEUを離脱すれば、欧州大陸との貿易で関税が復活して物流コストが増加するため、完成車メーカー各社は生産体制の変更に踏み切っている。ホンダのほか、日産自動車は19年中に高級車「インフィニティ」の生産を終える。多目的スポーツ車(SUV)「エクストレイル」の次期型の生産を撤回すると表明した。

英国には車部品メーカーが約2500社ある。完成車メーカーの動きに部品各社も足並みをそろえる。ケーヒンのほか、プレス部品のユニプレスもホンダ向け工場を閉鎖することを表明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。