株、年初来安値の銘柄数 2カ月ぶり高水準に

2019/8/2 17:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2日の東京株式市場で年初来安値を更新する銘柄が相次いだ。東証1部では270銘柄と6月3日以来、2カ月ぶりの多さだった。米国が対中制裁関税「第4弾」を9月1日に発動すると表明。投資家心理が悪化し、外需、内需ともに幅広い銘柄が売られた。

年初来安値を更新した銘柄を業種別でみると、自動車や精密機器など景気敏感株が目立った。マツダは前日比7%安で約6年半ぶり、コニカミノルタは3年ぶりの安値を付けた。ゼネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]