アデノプリベント、大腸がんのリスク検査で新手法

2019/8/4 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療関連検査のヘルスケアシステムズ(名古屋市)子会社のアデノプリベント(東京・港)は、8月から腸内細菌を検出する試薬を用いた新たな大腸がんリスク検査サービスを始める。大腸がんの検査で一般的な便潜血検査と併用してもらうことで、早期発見につなげる。

アデノプリベントは静岡県立大学の渡辺賢二教授の研究成果を事業化するために、ヘルスケ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]