2019年8月23日(金)

がんの「味方」を攻撃 薬効妨げる細胞・組織を狙え

科学&新技術
2019/8/3 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がんの増殖を助ける「味方」の細胞や組織を狙い撃ちにして、間接的にがんをたたく技術を大学などが相次ぎ開発した。がんの本体を攻撃する抗がん剤やがん免疫薬と併用すれば、効果改善を期待できる。治療が難しい膵臓(すいぞう)がんなど、現在は生存率が低いがんの新たな治療方法となる可能性がある。

千葉大学(千葉市)で溶液を冷やす作業が進む。秋田英万教授が「がんを守る免疫細胞をたたく材料を作る」と話す。脾臓(ひぞ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。