/

この記事は会員限定です

がんの「味方」を攻撃 薬効妨げる細胞・組織を狙え

[有料会員限定]

がんの増殖を助ける「味方」の細胞や組織を狙い撃ちにして、間接的にがんをたたく技術を大学などが相次ぎ開発した。がんの本体を攻撃する抗がん剤やがん免疫薬と併用すれば、効果改善を期待できる。治療が難しい膵臓(すいぞう)がんなど、現在は生存率が低いがんの新たな治療方法となる可能性がある。

千葉大学(千葉市)で溶液を冷やす作業が進む。秋田英万教授が「がんを守る免疫細胞をたたく材料を作る」と話す。脾臓(ひぞう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン