新潟・南魚沼市、「雪国」に誇りを 真夏の五輪でPR
(@news越後)

2019/8/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県有数の豪雪地帯、南魚沼市が雪国のマイナスイメージ払拭に力を入れている。住民が雪に愛着を持てなければ、人口減が続く地域の発展は望めないとの危機感があるからだ。市が「雪の魅力」を発信する絶好機と狙いを定めたのが、世界中が注目する2020年東京五輪・パラリンピック。真夏開催で課題の熱中症対策に地元の雪を役立てようと奔走する。

「え? 雪ですか」「本物なの? すごいね」。東京五輪開幕まで1年となっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]