/

この記事は会員限定です

副業・兼業、原則認める届け出制に 実態把握が課題

(解説 働き方改革関連法)

[有料会員限定]

多様な働き方や人材不足の解消などを目的に、政府は広く副業・兼業を認める政策に転じた。厚生労働省は2018年1月、モデル就業規則を改定し、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公開。多くの企業は副業・兼業を原則禁じていたが、次第に容認するようになっている。

モデル就業規則は「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定を削除し、副業・兼業の規定を新設した。労働者は勤務時間外に他の会社の業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン