心に響いた作画・色彩、京アニ作品「人生の支えに」

2019/8/2 12:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件では、国内外から、犠牲者を悼む声が途切れることはない。京アニのクリエーターが手がける色彩や作画の質の高さに加え、細部のこだわりなどがファンの心をつかんで離さない。仕事や勉強など人生の節目で京アニの作品が支えになったファンも。アニメの舞台となった「聖地」など国内外では復興を願い、寄付の申し出など支援の輪が一段と広がる。

「作画がものすごく作…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]