/

この記事は会員限定です

株、500円超安でも好機探る投資家

証券部 和田大蔵、松本裕子

[有料会員限定]

株式市場が再びトランプ米大統領に揺らされている。トランプ氏がほぼすべての中国製品に関税を課す「対中制裁第4弾」を9月に発動すると表明したのを受け、2日の東京株式市場では景気敏感株を中心に幅広い銘柄が売られた。日経平均株価は前日比の下げ幅が一時500円を超えた。米中対立激化による世界景気の減速懸念が急速に台頭。投資家が運用リスクを回避する動きが広がり、株安・円高に振れた。もっとも、市場の一部では今回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン